「ストレス (生体)」とは?

「ストレッサー(ストレスの原因)」とは?

ストレスが溜まると「活性酸素」が増える!

病気の原因の90%が「活性酸素」だった!

活性酸素に関しては今から50年以上前に米国の生化学者フリードビッヒ博士によって解明され、その後世界各国で研究が行われてきました。

その結果、人が罹るあらゆる病気に活性酸素が関与していることが明白になりました。今や病気の90%は活性酸素が原因だということが判明したのです。それでは残りの10%は何かといいますと、風邪やエイズ、また最近増えてきている結核などの菌が体内に入っておこる病気、すなわち感染症です。

 

人は呼吸することによって空気中から酸素を取り入れています。そして細胞はその酸素を使って栄養分を分解し、生きていくためのエネルギーを作り出しているのです。ところが、この過程で吸った酸素の2~3%が体内で電子の欠けた悪い酸素になります。これが「活性酸素(フリーラジカル)」といわれている酸素なのです。

 

活性酸素のイメージとしてはなにか生き生きとした元気のよい酸素と思われるでしょう。ところが大変攻撃的な性格の激しい酸素なのです。そして正常な酸素から電子を奪い取ります。するとこの奪い取られた酸素もまた活性酸素になってしまい、他の正常な酸素を攻撃し電子を奪い取りにいくのです。こうしてどんどん連鎖反応をおこして活性酸素が一気に増えていくのです。

ストレスが原因でなった6つの病気(再発あり)!

個人的にストレスが原因で実際になった病気とその原因と解決方法は以下の通りです。

 

1995年(31歳):①急性胃腸炎&②胃潰瘍

・別居半年後に離婚が確定

・大型プロジェクトのリーダに抜擢された

→1ヵ月の入院+1か月の自宅静養、半年間の禁酒

 

2006年(42歳):③大腸がん

・不慣れな米国駐在生活

・離婚をさらに2回経験

米国駐在から帰国し、浦島太郎状態になる

→大腸ポリープ摘出手術+1週間の入院

  

2008~11年(44~47歳):④不整脈(心房細動)

・技術職から社内推進職に職種変換

→3年間の薬治療、カテーテル手術+1週間の入院、1年間の禁酒

※カテーテルアブレーション体験費用日記】不整脈(心房細動)が治った!慈恵医大病院名医山根先生

  

2014年(50歳):④不整脈(心房細動)再発

・社内推進職から営業職に職種変換

半年間の薬治療、電気ショック手術と2日間の入院

 

2015年(51歳):⑤帯状疱疹

・アカウント営業責任者に抜擢

→1ヵ月間の薬治療 ※帯状疱疹後神経痛は今でも残っている

 

2016年(52歳):⑥ストレス性皮膚炎

・年上部下との確執

 

→部下との隔離、3ヶ月間の薬治療

 

2017年(53歳):ストレス無し

・楽しい毎日

→「ストレス」は避けて通れないと思いますが、自分なりのストレス解決法(後述)のおかげで、毎日ぐっすり眠れるようになりました!

PHの調節を行うことによる体調管理、酸アルカリ両方の性質を持った機能性水 ※公開特許公報より

pHとは?

水素イオン指数(すいそイオンしすう)、水素イオン濃度指数(すいそイオンのうどしすう)またはpH(計量法上の読みは「ピーエッチ」、その他の読みとして、「ピーエイチ」、「ペーハー」がある。)は、水素イオンの濃度を表す物理量である。

 

【主な溶液と水素イオン指数(pH)の関係】

水素イオン指数(pH) 溶液

→酸と塩基

 

0:鉛蓄電池内の溶液。

→非常に強い酸性(うっかり衣服にこぼすとそれが溶け、皮膚にかかれば「やけど」を起こしてめくれ、眼にかかれば失明するほどの酸性)。

 

1:塩酸

→強い酸性。

 

2:レモンの果汁。

→強い酸性(味覚的には非常に「酸っぱい」)。

 

5:コーヒーのブラック(砂糖、ミルク抜き)。

→やや酸性。

 

 

7:水

→中性

 

7.4:人間の血液

→ほぼ中性。

 

8:海水

→ややアルカリ性。

 

12:消石灰

→アルカリ性。

 

13.5:ブリーチ(家庭用塩素系漂白剤、除菌剤)。

(ブリーチのメーカーや製品ごとに値はいくらか異なるが、多くが)pHが13.5前後で強いアルカリ性。

→色素を分解してしまい(=漂白)、細菌類を殺す。

ストレスを解決する為に私が実践した3つのこと!

1.体を「酸化(老化)」させないよう、アルカリ度の高い水を飲料する!

・ストレスになっても「体の酸化」を防ぐために、アルカリ度の高い水(セレブ水=Kangen Water)を、毎日2リットル以上飲むようにした!

→2ヶ月ほどで体がアルカリ性になったのか?ぐっすり眠れるようになり、目覚めが良くなり、便の匂いも臭くなくなってきた。

※詳しくは「セレブ水紹介」を参照頂ければ幸いです。

 

2.生まれてきたことを信じて、とにかく睡眠を摂る!

・どんな悩みでも、自分の人生に必要な試練だと思い、乗り越えられない試練を神様仏様は授けないと信じて、とにかく睡眠を摂るようにしました!

→最初は眠れないけど、目を閉じて「楽しかったこと」や「やりたいこと(夢)」を考えていると自然に眠れるようになり、ストレスを次の日に持ち越さないようになりました。

 

3.長くても2週間に1度、リセットする!

・リセットとは「小さなストレス」さえも忘れるぐらい、何かに没頭すること!個人的には心の許せる人たちと飲酒したりカラオケしたりすることですが、「リセットデイ」を事前(1ヵ月前まで)にスケジュールして楽しみにしています!

→どんなに長くても2週間に一度、「ストレス0(ゼロ)」にできるようになり、毎日が充実しています。

【ストレス相談】サービスメニュー

【相談条件】

・30歳以上の真剣にストレス解決したい方

 

【相談日】

・当方指定場所の場合‥申し込み後1週間以降の平日(18:00-24:00)、土曜日(18:00-23:00)

・お客様の指定場所(東京近郊)‥申し込み後1週間以降の平日(19:00-23:00)、土日祭日(10:00-22:00)

 ※指定場所によっては上記時間が難しい時もあります。

 

【相談場所】

・当方指定場所(東京月島駅近辺)

・お客様指定場所(東京近郊) 

 

【相談メニュー】

・現状ストレス確認 ※20分/30分

・ストレス事例の紹介 ※20分/30分

・解決策(案)の紹介 ※20分/30分

 

【相談費用】

当方指定場所‥2千円

・お客様指定場所‥3千円+交通費 

 

【相談時間】

当方指定場所‥1時間

お客様指定場所‥1.5時間

 

【申し込み】

・【お問い合わせ】メニューから、「当方指定場所/お客様指定場所」、「1週間以降の希望日時3つ」明記の上、申し込み願います。

・こちらから「確定日時」と「相談費用の振込先」をご連絡し、入金確認後、申し込み完了となります。

Jimdo